Photo: 武藤 章

吉野直子 Yoshino, Naoko

ロンドン生まれ。1985年に第9回イスラエル国際ハープ・コンクールに参加者中最年少の17歳で優勝し、その後は、世界各地でソロ・リサイタルを行うとともに、ベルリン・フィル、イスラエル・フィル、フィラデルフィア管などの主要オーケストラや、小澤征爾、メータ、クレーメル、パユなど、国内外の指揮者やソリストと共演を重ねている。CD録音も活発に行っており、2016年からは自主レーベルによる制作を新たにスタートした。また、ハープの新作にも意欲的に取り組み、武満徹「そして、それが風であることを知った」、細川俊夫「ハープ協奏曲」など初演した作品は数多い。1988年芸術祭賞、1991年文化庁芸術選奨文部大臣新人賞ほかを受賞。国際基督教大学卒業。
オフィシャルサイト www.naokoyoshino.com